大雪の影響で台無しになってしまった楽しみにしていた同窓会

30歳の12月、脳出血を発症した私は、2か所の病院に入院後、埼玉県内のリハビリ施設に1年半入所していました。 施設退所後も私は、施設でできたたくさんの友人たちと、毎年のように集まり同窓会を開いていました。 しかし、昨年1月、大雪が原因で同窓会のメンバーが集まれなくなってしまいました。

幹事を担当していた私は、数人の仲のよいメンバーと同窓会を検討していましたが、楽しみにしていた私たちに、当日雪が襲いかかりました。 前日から降り始めた雪は、ものの見事に積もり、メンバーが移動の車を出せないため、中止になってしまった同窓会は、1年半もの間、開かれていません。

本来であれば、雪が降らない夏に同窓会を開くべきですが、それぞれ仕事に就いたメンバーが、休みの予定も決められない状態にあります。 同窓会が中止になったことは、雪の情報を頭に入れた日程を考えなければいけないことを痛感させられ、反省しなければいけないとても残念なできごとでした。ヒゲ脱毛 女子