間接照明はひとつでじゅうぶんだったみたい

先日、大きなクリップのようなもので留める間接照明を2つ購入しました。
私は、元々、蛍光灯の白い灯りがあまり好きではなく、部屋の蛍光灯を点けることが少ないです。
夜、外が暗くなっても、間接照明だけで過ごしていることが多いんでうしょね。
ただ、床やテーブルに置くタイプの照明だけでは少し暗いかなと思い始めて、照明を買い足そうと思ったのです。
クリップタイプの間接照明の良いところは、壁に向かって明かりを照らすことができるところですし、設置場所も自由になります。
そうすると、灯りが壁に反射して、部屋全体の明るさを上げることができます。
なので、今回はクリップタイプの照明を2つ買ったわけなのだが、実際に使ってみると、その効果は絶大でした。
2つも使ってしまうと、部屋がかなり明るくなってしまい、結局、ひとつで足りてしまいました。
余った一つをどうしようかと思っているのですが、妹に安く買ってもらえないか相談しようと思っています。ミュゼ ハイジニーナ