好きか嫌いかいう時間のテレビを見て感じた事

この間あった好きか嫌いかいう時間ってテレビを見ていて、私元々あぁゆう討論?というか、話し合う?みたいな番組が好きなんだけど、自分なりの意見というか考えがあったので書いてみようかなぁ?と思います。
私が見たのはYouTubeについて話し合ったりする回だったんだけど、今や小学生の将来の夢としてユーチューバーになる事みたいで時代というか進化というか、そういい事を感じました。
私は元々すごいテレビっ子でテレビ大好き人間だから、小さい頃は芸能人になりたい?!とか思った事もあったけど、まぁ現実的には無理だったけど。
そういう子が自分で自分の力でなれるし、いくらでもチャンスはあるのだからすごいなぁ?と感じました。
もし、私が子供の頃にユーチューバーというのがあったら、私はなっていたのかも?しれません。
動機は目立ちたいから、人気者になりたいから。
きっと、そんな軽い気持ちで。
だけど、軽い気持ちだけでは当然人気者にはなれないだろうから、その中でまた挫折とか悔しさなんかを覚えて、立ち上がっていくのか、止めてしまうのか。
それは、ユーチューバーに限った事じゃないと思うから、その時代にあった様々な職業が出てきて私は視野が広がっていいんじゃないかなぁと思いました。